2015年11月26日

カワアイサ雌



先週から忘年会の飲み会が続いています

昨夜も

三宮で会合がありしこたま飲んで11時過ぎに帰宅

今朝の散歩はどうしようかと迷ったが

時間通りに目が覚めたので歩く準備をして

明るくなるのを待ち6時40分出発



河原に出て歩き始めると

いつも出合う中型の犬が

山陽電車鉄橋下で電車がくるのを待っていました

DSC_3592a6時50分
電車を待つ犬

この犬は電車が好きで

電車が上を通過すると喜んでこの場所で走り回ります

喜ぶ犬を見ながらカモ場に

昨日来ていたマガモとハシビロガモは今朝はいません

いつもの

カルガモ、ヒドリガモ、コガモ、オナガガモ、オカヨシガモ、ホシバシロ だけ

一通り確認して緑地帯に

シロハラ は沢山来ているのですがチラッとしか姿を見せてくれません

アオジは一度見たきりでその後は見られません

冬鳥を楽しむにはまだ少し早いようで

早々に河川敷に

ナナちゃんと I さんに会って暫く話しして

左岸を北上しましたが相変わらずで

今朝も面白くないなぁと思いながら広栄橋まで来ると

広栄橋の袂で白っぽいカワウのような鳥が潜水を繰り返していました

アレッと思い覗いてみるとウミアイサの雌のよう

カメラを構えるとさっと下流の方向に飛び去ってしまいました

おそらく歌野橋の下にいるだろうと思い引き返してみると

案の定

遠く対岸近くで魚を狙って潜水を繰返しています

DSC_3703a7時51分

一昨年もこの時期にウミアイサの雌を確認していたので

ウミアイサの雌と思い込んで見ていました

暫く見ていると再び飛び立って上流へ

今度は歌野橋上に

見ていると魚を追いかけて潜水を繰返しながら

どんどん私のいる岸辺に近づいてきます

DSC_3932b7時56分

DSC_3939a7時56分

このように泳ぎながら

嘴から頭を水中に浸けて獲物を追いかけ回しています

近くまで来たのでよく見ると

ウミアイサではなくカワアイサの雌のようです

ここでも激しく潜水を繰り返した後

最初に見つけた広栄橋の上まで飛んで行きました

そこではもっと近くで本当に眼の前で

魚を追って潜水を繰り返してくれました

DSC_4091a8時04分

ここでは本当に間近で観察出来たので

体色や首の白さからカワアイサに間違いなさそうです

見ていると

魚を探して潜水するときも

かっと目を見開いて獲物を見失わないように頭を水中に浸けています

DSC_4245a

このアイサガモの仲間は

主に植物質の餌を主食としているカモとは異なり

魚を主食としているので

嘴がカギ形に鋭く下に曲がり

縁にギザギザがあり魚を捕らえやすい形をしています

DSC_4260a

この後

岸辺に上がり羽繕いをして休憩

DSC_4372a

DSC_4402a

何回も潜水をして疲れたのか

十分に魚を捕らえて満腹になったのか

動きが止ったところで観察を終りにしました


それにしても

カワアイサもウミアイサも綺麗な雄は夢前川には

姿を見せてくれません

参考までにカワアイサの雄です

rt2835カワアイサa
遠くていい写真ではありませんが H26.2.18  カワアイサ雄

十分にカワアイサを堪能したので

いつもの半分しか歩いていませんが早朝散歩もこれで終わりにしました

勿論夢前川では私は初めての確認種です

あとミコアイサが来ればアイサガモ三種すべてそろうのです

近くのため池などには来ているのですが

ちょっと難しいかな

posted by tatesan at 16:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

ハシビロガモ飛来



早朝散歩も6時30分過ぎの出発となると

夏場毎朝出合っていた早朝散歩の仲間に合わなくなり

出足の遅い散歩仲間と挨拶を交わすようになりました

夏場と冬場で挨拶を交わす仲間が入れ替わりです

河川敷を散歩している人達は日の出の時間に関係なく

歩く時間帯が決まっているのです


私はある程度明るくならないと何も見えないので

ほぼ日の出10~15分くらい前の出発なのです



ここのところ

カモ達に変化なく緑地帯もまだ冬鳥の姿が見られませんでしたが

今朝はカモ場にかかると

久しぶりにマガモが数羽真ん中ほどに浮いていました

DSC_3505a6時49分
マガモ♂とオカヨシガモ♂

マガモはここ二週間ほど姿を見せていなかったので

久しぶりです

ところがこの後緑地帯に入り

7時20分頃河川敷に戻ってきたときには

もう姿は何処にも見られませんでした

例年の事ですが

マガモは時々姿を見せるもののここに留まる事はなく

どこからかふらりとやって来てまたいなくなります


それでもとマガモの姿を探していると

嘴の大きなハシビロガモを1羽見つけました

一月ほど前に的形の塩田跡でたくさんのハシビロガモがを見ていたのですが

ここ夢前川では今シーズン始めての確認です

DSC_3547a7時27分
ハシビロガモとコガモ

DSC_3521a7時26分
ハシビロガモ

名前の通り大きな嘴をしています

このハシビロガモもマガモと同じように

ここで毎日見られる事はなく時々いなくなります

マガモとハシビロガモは水が停滞している湖沼のような環境を

好むようです

これで今シーズン10種目のカモになりましたが

11月17日に確認したキンクロハジロはその後居なくなったまま

キンクロハジロは毎年12月に入るとやってくるので

これからです

ここ数日30羽近くまで増えたオカヨシガモが近くにきたので

1枚

DSC_3569ab7時28分
オカヨシガモ

このカモは地味ですがなんとなく綺麗なので

好きなカモです



さて緑地帯では

相変わらずヒヨドリがやかましく飛び回っていますが

シロハラの鳴声も負けないくらいに聞かれるようになりました

まだ薄暗い林の中にいてなかなか姿を見せてくれることはありません

アオジも先日一度見たきりです


ただ今朝は

17日に河川敷で確認したあと見られなかったツグミが

緑地帯で見られました

DSC_3511a7時15分
ツグミ

そろそろ沢山のツグミが見られる時期です

冬鳥たちがやってくると賑やかになるのですが

今年は暖かい日が続いているためか遅い

まだ面白くありません

もう少しの辛抱のようです



話しは変わって

今年はクイナとヒクイナ
が見られません

おまけにバンとオオバンの姿も

例年なら毎日のように見られる時なのですが

全く姿を現わしません

ちょっと寂しい

例年と散歩する時刻がずれているためかもと思われるので

散歩コースを替えて見ようかなとも思っているこの頃です

 

posted by tatesan at 15:28| 兵庫 ☔| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

ツグミ飛来



ここのところ鳥達に変化なく退屈な散歩が続いていましたが

今朝は次々と冬鳥の飛来を確認しました


6時30分頃河川敷に出てカモ場まで早足

と言うのも昨日夕方散歩に出たとき

カンムリカイツブリとキンクロハジロらしき潜水ガモを見たのです

カンムリカイツブリはハッキリと綺麗に見えたのですが

DSC_3150カンムリカイツブリa
16日 午後4時14分 カンムリカイツブリ

潜水ガモはキンクロハジロのように見えたのですが遠くて確認出来ず

気になったままだったのです

夢前川ではカンムリカイツブリは夕方のほうが見られる可能性があり

そろそろ見られないかなと思い出かけてみたのが正解でした

今年も来てくれました

下の写真はさらに薄暗くなった頃遠くにを見つけた潜水ガモを

とりあえず1枚撮ったもの

DSC_3183a
16日 午後4時19分 キンクロハジロ らしき潜水ガモ

右側の淡水ガモはコガモの♀と思われます

比べてみると淡水ガモと潜水ガモの特徴がよく出ています

そこで

今朝確認したくて

昨日と同じカモ達が屯している所を順に探していくと

いましたキンクロハジロの雄

ホシハジロの雌と一緒に泳いでいました

DSC_3246a6時39分
左 ホシハジロ雌 : 右 キンクロハジロ雄

夢前川にもやっと姿を現わしました

他の場所には早くから飛来しているのですが

何故か夢前川では

11月下旬にならないとやってきません

ちなみに今シーズン最初にキンクロハジロを見たのは

9月26日三木の美囊川

下の写真がそのキンクロハジロです

0550美濃川15.9.269月26日
三木市内美囊川で

ところによっては早くから飛来しているのですが

夢前川への飛来は例年ずいぶん遅いのです



キンクロハジロを確認して緑地帯へ

ここではアオジが来ている可能性があるので

気を付けていると

まずジョウビタキが眼の前に出て来て

可愛いポーズを取ってくれたのでつい1枚

DSC_3256a6時50分
ジョウビタキ

しばらく歩いていると何かが足下が飛び出して梅の枝に止りました

確認するとアオジ

写真は撮れなかったですが胸の黄色が綺麗でした

アオジも来ていましたネ

その後メジロ、シジュウカラ、コゲラの混群を久しぶりに見て

河川敷に戻りましたが

早朝に見たキンクロハジロは何処にも居ませんでした



その後

今朝はクイナも見られるのではと期待しましたが

出会いはなくガッカリ

京見橋手前まで来たとき

堤防上の電線に止っているヒヨドリ大の鳥を見つけました

あれっ? と

覗いてみるとツグミのよう

空抜けでシルエットでしか見えないので

方向を変えて近づいてみると間違いなくツグミ

DSC_3286ajpg7時51分
ツグミ

ツグミも来ましたネ

私はツグミがやってくると冬の到来を感じます

これからは嫌と言うほどツグミの姿を見るのですが

初飛来の姿を見るのは何となくうきうきします



今朝はこれで満足して京見橋上の堰で終わりにしました

いよいよ冬ですネ

蛇足ですが

昨夕カンムリカイツブリを見ている時護岸にイカルチドリを見つけました

pb3139イカルチドリ15.11.16a
11月16日 午後4時12分 イカルチドリ

写真に撮ってみると改めて脚の長いのが判ります

また汐見橋の護岸なのでほとんど河口

ちょっと驚き


今朝は久しぶりにワクワクする楽しい早朝散歩になりました

お疲れ様

posted by tatesan at 11:05| 兵庫 | Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする