2016年03月28日

タシギ



ここのところ寒い朝が続いていて

まだ手袋がなければ手がかじかんでしまいます

手袋をして

今朝も5時45分出発

河川敷のハシボソガラスはしっかりと抱卵しています

歌野橋下の河原ではカモの姿がめっきり少なくなりました

多くのハシビロガモが羽を休めていた河原ですが

10羽近くのハシビロガモしか見られなくなりました

山電鉄橋から汐見橋のカモ場でも次第に数が減り

ざっと数えて250~300羽になりました

ヒドリガモが圧倒的に多く、次いでコガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、

ホシバシロ、ヨシガモ

マルガモもいます



今朝は

最初に足下にヒクイナとクイナが現れました

いつも見られる葦原の対岸です

DSC_2739a5時59分
ヒクイナ

とりあえず久しぶりのヒクイナの写真を



そのままカモ達を見ながら緑地帯に



ここのところ緑地帯もあまり変化がなく

シロハラ、アオジ、ツグミが地上で採餌

シジュウカラ、メジロ、ジョウビタキ などが合間に顔を見せ

シメはここ数日同じ場所で群れて

DSC_2761a6時50分
シメ

毎日同じ木に群れてとまり

ヒトの姿が見られず安全確認すると地上に降りて木の実を啄んでいます

昨年のように変わったツグミ類が来ていないか

毎朝1羽1羽確認していますが

シロハラとツグミ以外は見られません



そのまま河川敷に戻り

歌野橋まで来ると

イワツバメに混じってツバメが

23日に確認して以来でしたが

今朝はあちこちで姿を確認出来ました

1枚写真をと思い追ってみましたが早くて捕らえられません



しばらくイワツバメとツバメを見ていると

眼の前の中洲から突然ハヤブサが飛び出しました

私がツバメを見てじっと立っていたので

警戒して飛び出したのかも知れません

ちょっと注意して見ていれば

止まっている姿を確認出来たかも残念 !!

歌野橋の上を大きく旋回して戻ってきて

私の上を広栄橋の方向に飛び去りましたが

ドバトを狙って追いかけているようでした

当然シャツターチャンスはありません

もう一度戻って来ないかなとカメラを構えて

待っていましたが戻ってきませんでした




諦めてふと中洲の水際を見ると

新芽を沢山出しだしたミズヒマワリの群落の中に

コガモとタシギが採餌しているところを見つけました

DSC_2789a7時20分
タシギとコガモ

タシギはここ2日続けて足下から飛び出す姿を見ているので

必ずいるはずと探していたのですが

やっと姿を確認しました

DSC_2796a

夢前川で見るのは2年ぶり

タシギの仲間をジシギ類と呼んでいますが

区別は難しく一見判断出来ません

しかし幸運にも飛んでいる姿を撮ることが出来ました

DSC_2812a7時20分

この飛翔している写真では

次列風切りの先端が白い帯になるタシギの特徴が見られるので

タシギに間違いありません

広畑では冬鳥として水田や蓮田でよく見られましたが

近頃はなかなか見られません

と言うより

夜活動して昼間は草陰に隠れてじっとしているので

なかなか見つけにくいのです

今朝も

この後

水際でこのようにじっと固まってしまいました

こうなると周りの景色に溶け込んで見つけるのに苦労します

DSC_2854a7時32分

通りがかった Iさんや、何時も話しする散歩仲間に教えても

すぐ眼の前なのに見つかりません

暫くタシギを楽しんだ後

近くにあるヌートリアの塒で

親子3匹が仲良く日向ぼっこをしていたので1枚

DSC_2860a7時39分

今年はヌートリアの親子連れが3組ほど見られます

何時もはそんなに可愛いとは思わないのですが

さすがに親子連れはかわいい

今朝は久しぶりに楽しい朝でした

 

posted by tatesan at 16:11| 兵庫 ☀| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ハシブトガラスの巣材集め

 


日の出が5時55分になり

気合いを入れて起きなければ間に合わなくなってきました

雲はあるが晴れていたので45分に出発

ハシボソガラスの営巣を確認して河川敷に

今朝のカモ場では

ヨシガモの姿が見当たりませんでしたが

久しぶりにマガモのペァが来ていました

DSC_2613a7時0分
マガモ♂♀

カモの数はざっと数えて250羽くらい

少なくなりました



緑地帯では

相変わらずシロハラが歩く先々にいて

まるで蹴散らして歩いているようです

シジュウラが『ツピツピー』と鳴くそばに

エナガが飛んできました

桜並木の下ではシメが群がって餌を啄んでいます

DSC_2561a6時23分
シメ

群れているシメ達は警戒心が強くちょっと近づくと

さっと樹上に逃げてしまいますが

暫く待っていると様子を伺いながら降りてきます

渡りのシーズンになるとシメも群れるようになるので

そろそろ北の繁殖地に帰って行くことと思います



河川敷に戻り

カモのおおよその数を数えているとき

マガモを見つけましたがヨシガモは見つからず

さて?




歌野橋近くまで来ると中洲の木にハシブトガラスが2羽

妙な動作をしています

暫くみていると細い枝を嘴で折って集めているようです

DSC_2642a7時16分ハシブトガラス

DSC_2649a

やがて2羽のつがいと思われるハシブトガラスは

嘴に折り取った枝を咥えて飛び去りました

何処に行くのかと双眼鏡で追ってみると

街中の高いマンションの塔に止りました

DSC_2653a7時18分

遠くて判りにくいですが

ハシブトガラスの姿とその足下に

巣材の枝を積み上げた巣と思われるものが見られます

枯れ枝を集めて巣作りすると思っていましたが

生の枝を折って集めているのですね

そのほうが柔らかくて巣を作りやすいのかも知れません

ハシブトガラスは森林性のカラスで

高い樹上に営巣するのですが

街中に高いビルが林立しだしたので

ビルという環境に適応して街中で営巣するようになったようです




カラスが飛び去った後は特に何もなく川辺を歩いていると

子連れのヌートリアがワンドを泳いでいました

DSC_2662a7時34分
ヌートリア親子

I さんから

『小さな子供連れのヌートリアがいたで」と聞いていましたが

やっと見つけました

陸に上がっても子供が草を食っている傍で辺りを警戒しながら

見守っています

親なのですネ


近頃は家の庭にもシロハラが毎日来て

芝生を掘り返してミミズを取り出して食べています

今年は本当にシロハラが多い

posted by tatesan at 11:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

イワツバメの巣作りとツバメ初認




:今朝もいつも通り出発

夢前川の堤防でハシボソガラスの営巣を確認して

河川敷に

ここには見事な桜並木があって

毎年多くの人が花見を楽しんでいますが

川沿いは冷たい風が吹き抜けるためまだまだ蕾固しの状態です

しかし不思議な樹があり

昨年もそうだったと思うのですが1本の大きな桜の木に

一つの枝だけ花が満開になっています

DSCF6014
一つの枝だけ満開の桜

枝1本だけに春が来ていました

DSC_2425a
満開の枝

面白いなと思いながらカモ場に

途中ヒクイナの

『コッコッコッコココココ』という鳴声が

今シーズン初めてのヒクイナの鳴声

さらに下っていくと

今朝も夏羽に変わったカンムイカイツブリが岸辺近くに

浮いてきたのでまた1枚

DSC_2430a8時17分
カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリは潜水能力が大きく

一旦潜水すると30秒近く潜って50m以上水中を移動し

とんでもないところに浮いてきます




この後緑地帯に

相変わらずシロハラがあちこちで餌を啄んでいます

シメは群れで木々の間を飛び回っています

また歩く先々で地上で餌を啄んでいたアオジが茂みに飛び込んでいきます


完全に花が終った梅林の通りに出ると

前方の道路上に

またキツネがいました

DSC_2436a6時37分

じっと私を見ています

私が動かなければキツネも動きません

間合いを取ってどう対処するか考えている様子です

どう動くかなと思いながら少しずつ近づくと

キツネはゆっくりと左手の茂みに入っていきますが

走って逃げると言うことはありません

やはりある程度の距離を測ってこちらを熟視しています

DSC_2442a

しばらく見つめ合っていましたが

私がしびれを切らしてチョットまえに足を踏み出すと

また同じ間隔を取って後ろに下がるだけ

DSC_2461a6時43分

さらに見ているとようやくキツネの方がゆっくり

森の手前まで移動し

何やら咥えて下草の中に何かを隠すような仕草をした後

DSC_2480a6時45分

森の中に消えていきました

その場所に行ってみましたが

何もなく古い帽子が落ちていただけ

餌になるような物は何もありません

さて何をしていたのでしょうか?



この後河川敷に戻り

カモ達を見ていると

すっかり姿を見せなくなったユリカモメが1羽

干上がった河原でコチドリとともに歩きながら採餌しています

DSC_2507a7時20分
ユリカモメ

ユリカモメは集団で河口から遡上してくるのですが

この時期になると何故か1羽だけ単独行動する姿が見られます



さらに歌野橋まで来ると

今まで上空を飛び回っていたイワツバメが地上に降りて

草を啄んでいました

見ると枯れ草を咥えています

DSC_2513a7時30分
イワツバメ

DSC_2524a

巣材を集めているのですネ

いよいよイワツバメも産卵の準備を始めました



今朝は時間に少し余裕があったので

広栄橋を越えて京見橋近くまで歩いていくと

ツバメの姿を確認

今年はちょっと遅かったですが

やっとツバメが姿を見せました

夢前川にも次々に夏鳥が飛来しています

 

posted by tatesan at 08:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする