2017年01月31日

ミサゴ獲物落とす



いよいよ日の出が6時台になりました

と言っても河川敷から東の工場群の上に太陽が顔を出すのは

7時15分ころになります

今朝のカモ場には

久しぶりにマガモが7羽飛来して

ヨシガモの近くで一緒に採餌していました

緑地帯から戻った時にまだ居たので1枚

DSC_56208時2分

今朝は10種のカモが見られました

今シーズンはまだアイサガモが姿を見せません

来て欲しいですネ


その後

緑地帯に入ろうとクリークまで来たとき

ピチュッピチュッとミサゴの鳴声がよく聞えたので

どこに居るのかと探すと上空を魚を掴んで遠ざかって行く途中

久しぶりにミサゴを1枚とカメラを構えたとき

突然捕まえていた魚を落としてしまいました

DSC_5541a7時22分

掴みそこねて落としたなと思いながらシャツターを

そのまま遠ざかったので

『せっかく獲ったのに惜しいことをしたな』と思っていましたが

帰って写真を見ると

もう一匹大きな魚を掴んでいました

DSC_5542a

落ちていく獲物を残念そうに見ているようですが

足にはしっかりと大きな魚を掴んでいます

一度のダイビングで2匹の魚を掴んだのでしょう

たまたま狙った魚の近くにいた魚も足の爪に引っかかったのでは

と思います

捕らえた大きい方をしっかりとホールドしようとした時に

もう一匹が落ちたと考えられます

珍しいシーンでした

DSC_5551a7時23分
ミサゴ

さて緑地帯ですが

ツグミはあちこちに散りシロハラは地上で静かに採餌

ヒヨドリも緑地帯から街中に散っていったのか少なくなり

静かになりました

いまメジロ・アオジ・カラ類が普通に見られますが

今年はシメの数が多く

DSC_5576a7時32分

今朝は珍しいことに群れて飛んでいました



河川敷に戻り

今朝もヒクイナを探すが出てくるのはクイナとバンだけ

DSC_5651a8時8分
クイナ

DSC_5690a8時14分
バン



オオジュリンは先日見つけてから

よく見られるようになりましたが

今朝は出て来ませんでした

葦原の中で

ごそこぞしているホオジロとオオジュリンですが

DSC_5508a1月28日

DSC_5505a
オオジュリン

オオジュリンは

葦の茎にいる虫を探しだして食べるので

周りと違う動きをしている葦を見つけてその辺りを探すと見つかります

ホオジロは

DSC_4801a1月21日

DSC_4831a
ホオジロ

葦の果穂をにきて種子を食べている事が多いので

違う動きをしている葦の穂を見ていると簡単に見つかります


また

22日には再び魚を捕らえたカイツブリを目撃

DSC_5108a1月22日
DSC_5119a

飲み込んだ後は満足そうな顔をしています

いままで注意してカイツブリを見ることはなかったのですが

先日魚を捕らえたカイツブリを見て以来

注意していたので再び魚を捕らえたカイツブリに出合いました

調べてみるとフナのように敏捷な魚も捕らえているようです

潜水してかなり早く泳いでいるのですネ

それにしてもヒクイナは?

posted by tatesan at 18:37| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

やっとオオジュリンが



厳しい寒さが続いていますが

朝の河川敷では風さえ無ければ体感としてそんなに寒くはありません

川筋を北風が吹き抜けているときが最も寒く感じます

太陽が昇りきらない早朝はほとんど風がないので比較的楽です

さて

緑地帯の梅もちらほら咲き始めました

DSC_5259
25日7時36分

20日頃まで緑地帯で群れていたツグミも

あちこちに散らばったのかあまり見なくなりましたが

シロハラは相変わらずで

今冬は例年になく沢山来ているようです

近頃は地上で採餌する姿があちこちで見られます

DSC_5380a7時40分
シロハラ

普段は警戒心の強い鳥ですが

地上で採餌し始めると警戒心が緩むのか近くまで近づいて観察出来ます



河川敷に戻り

毎日のように葦原でオオジュリンの姿を探していたのですが

25日朝やっと1羽のオオジュリンを見つけました

DSC_5280a8時56分

DSC_5290a

とりあえず確認の写真を遠くから撮っておいて

もう少し近くで見ようと近づきましたが飛び立ってしまい

その後はいくら探しても居るのはホオジロばかりで

オオジュリンの姿は見られず

結局この1羽を見つけただけでした

今朝も注意して探してみましたが見つかりません

しかし今冬も来ていることが確認できました

おそらくこれから見られる事でしょう



もう一種のヒクイナは相変わらず見られません


歌野橋周辺では

今朝も5羽のイワツバメが上空を飛び交っていました

イワツバメは風がなく晴れ渡った朝によく見られます

その後

中洲のヤナギの梢にシメを見つけたので1枚

DSC_5346a8時12分

これももう少し近づいてと思ったときには飛び去ってしまいました

見通しの良いところにいる鳥はやはり警戒しています



先日隣の大きな川の河口付近のカモを見にいってきました

DSC_4737a20日
スズガモの群れ

大きな河口部を見渡せるので夢前川とは違ったカモが見られます

この日は沢山のスズガモがいました

DSC_4736a
スズガモ

夢前川にも時々スズガモの雌が姿を見せますが

ここからやってきているのでしょう

また来てほしいものです

posted by tatesan at 21:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

越冬イワツバメ

 

厳しい寒波で各地で大雪になりました

夢前川でも厳しい冷え込みが続いていますが

昨日今日は陽が射し始めると寒さも感じなくなりました

日の出も少しずつ早くなり今朝は7時5分で6時58分出発

カモ達は変わらず

アオジも毎朝いつものところで餌を啄んでいます

今シーズンの緑地帯はツグミがやけに目立ちます

シロハラの数も多く

この時期は人目に付くところには出てこないのですが

今年は毎日のように行く先々の枝に止って待っています

DSC_4258a7時48分

私に気を遣って姿を見せてくれているようですので

ついまた1枚とシャッターを切ってしまいました

河川敷に戻り

干潮で葦の水辺が広くなっていて

クイナ・ヒクイナの観察に適している時なので

今日こそヒクイナが出ないかと探しましたが

出て来たのはクイナのみ

珍しく眼の前を対岸の岸に飛んで行きました

クイナは足を少し垂らして飛ぶのでよく判ります

DSC_4229a8時5分
昨日17日のクイナです

結局今朝もヒクイナは確認出来ませんでした

途中双眼鏡仲間の K さんと情報交換

やはりクイナは見るがヒクイナは見ていないと

本当にどうしたのでしょうネ


その後

今年も越冬しているらしいイワツバメはと探していると

歌野橋辺りで

DSC_4281a8時12分

DSC_4318a

DSC_4332a

4羽のイワツバメが青い空を背景に飛び交っているのを見つけました

12日早朝は暗くて写真になりませんでしたが

今朝はなんとか確認できる写真が知れました

昨年に引き続き今年も越冬していますネ

イワツバメは

足も指も全て真っ白なふかふかした羽毛で覆われているため

寒さに強いのかも知れません

gt3471イワツバメ16.4.10
4月10日白い羽毛で覆われているイワツバメ

塒は毎年歌野橋に作っている古い巣を利用しているのでしょうか

毎日見ているのですが確認出来ません


元気よく寒空を飛び交っているイワツバメを確認して

今朝の散歩終了

 

posted by tatesan at 19:00| 兵庫 | Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする