2017年05月12日

夏山のごとき緑地帯




今朝は早く目が覚め天気も良いので

日の出前の4時50分出発

日の出は4時58分ですが十分に明るくなっていました

カモ達は居残り組以外はいなくなりました

今年の居残りガモは翼を痛めている様子のホシハジロ1羽

上流部にもコガモが1羽残っていますがまだ判りません

ホシハジロは水尾川に回っているのでしょう今朝は見られません

先日のアマサギとチュウサギは

両方とも翌日には居なくなっていました

川の環境に生息するサギではないので渡りの途中羽を休めていたのです

中洲にはセグロカモメが元気なくポツンとしていました

DSC_3380a7時1分
居残りセグロカモメ

元気がありません無事越夏できるのでしょうか



そんなことを思いながら緑地帯に

ここのところ緑地帯も全く面白くなくなり

夏鳥達も通過してしまったものと思い

とりあえずキビタキをとキビタキの森に

今朝も元気に鳴いていますが相変わらず姿は見えません

それでもと暫く声のする方を見ていると

高い林冠の下をヒラリと動く鳥を見つけました

アレ! と姿を追ってみると

キビタキより大きくスマートで尾が長く黒く見えます

瞬間にサンコウチョウではないかと思い

探しましたが見失ってしまいました

残念と思いましたが気を取り直し歩いていると

別の場所で見つけたのがコサメビタキ

DSC_2958a5時49分
コサメビタキ(朝日で赤っぽく見えます)

なかなか撮れる所に来てくれませんでしたが

粘って待っているとなんとかじっくりと観察出来る所に出て来ました

DSC_3283a6時12分

今春初めてです

やつと見ることが出来ました

コサメビタキを追っていると

そこにやってきたのが

ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ など

ヤマガラも久しぶりです

DSC_3022a5時56分
ヤマガラ

朝日の影響でこの時間帯は赤っぽくなってしまいます

しばらくコサメビタキとカラ類を見ていると

直ぐ傍で

メボソムシクイがジュリジュリ ジュリジュリと鳴き始めました

懐かしい声です

緑地帯では私は初めての鳥です

ムシクイ類は鳴いてくれるとすぐ判断出来ます

センダイムシクイはチチョチチョグゥィと鳴きますが

メボソムシクイは ジュリジュリ ジュリジュリ

なんとか写真にと思い探してみましたが

見つけて撮れたのはこんな写真

DSC_3358a6時40分

DSC_3356ab

これでは判りませんネ

夏山では低山帯でセンダイムシクイが

『ショッチュウ一杯グィ』と鳴いていて

標高を上げて亜高山帯にさしかかるとメボソムシクイが

『ゼニトリ ゼニトリ』 と鳴き始めます

ウグイスは低山帯から高山帯まで全域に生息しています

春の渡りの時期とはいえ

こんな平地でメボソムシクイの囀りを聞いたのは初めてです



メボソムシクイの姿を見失いこれで終わりかなと歩き始めると

森の中から

『月日星ホイホイホイ』と鳴く声が聞えました

やっぱりサンコウチョウが来ていたのです

それからまた声を追いかけてあっちに行ったりこっちに来たりと

サンコウチョウの森の中を探しますが姿が見つかりません

ようやく飛び立った姿を見つけ

やっと1枚撮れました

DSC_3373a6時46分

DSC_3370a

尾は成鳥雄のように長くはありません

ただ色合いが雌の褐色気味の色ではなく全体が黒っぽく見えたので

雄の若鳥かも知れません

若鳥はまだ尾が成長していなくて短いのです

サンコウチョウは雄も雌も同じように囀るので

雌か雄の若鳥かの断定は出来ませんでしたが

何はともあれ

連日サンコウチョウを探していたので

今朝はこれで十分に満足しました



連休明けにオオルリが姿を消してから

キビタキのみしか居なかった緑地帯が

コサメビタキ、メボソムシクイ、サンコウチョウと

今朝はまるで夏山にいる感覚でした

楽しかった



まさに『早起きは三文の得』を実感しましたネ

 

posted by tatesan at 10:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする