2017年07月15日

やっとアサギマダラが


梅雨の間も雨さえ降っていなければ

毎朝5時前に双眼鏡とカメラを持って出かけていましたが

今年はこの時期の夢前川は全く面白くありませんでした

例年なら

カルガモの子連れ姿やキジの親子

さらにカイツブリの親子などが楽しめる時期なのに

すべて見られませんでした

カルガモのペァは沢山居るのですが産卵しなかったようです



昨日の朝

旅する蝶アサギマダラを一頭見つけました

特定外来植物であるミズヒマワリの白い花に止っていました

DSC_59436時7分

撮れたのはこの写真だけ

なんとか回り込んで正面からと思いましたが

この後飛び立ち中洲の林に入り込み出て来ませんでした

例年ミズヒマワリの花が満開になる5~6月頃見られるのですが

今年は花が枯れ始めた頃に来ました

今年は何かおかしい

緑地帯でもヒヨドリやムクドリ以外は見られません

ただキビタキは今年も営巣してヒナを育てていたようです


今朝は気分転換に逆廻りしてみました

JR線下でケリを見て

DSC_59605時48分

今夢前川で見られる

ダイサギ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、ササゴイ の5種のサギ類を

見て終りでした

イカルチドリは子育てを終えてあちこちで見られるようになりました



居残りカモですが

写真は6月22日にのホシハジロです

DSC_5711a5時45分

DSC_5720a5時46分

DSC_5723a


写真でよく判りますが

右の翼の損傷が酷いですね

コレでは飛べません無事に越夏してほしいものです

今年はこのホシハジロ1羽だけが残っています

今朝も中洲付近で羽繕いをしていました

もう1羽帰れなくて残っていたセグロカモメは

衰弱死したか何者かに襲われたのか

DSC_4172a

5月23日中洲で死んでいるのを見つけました

飛べなくて十分に餌を採れなかったのだと思います

数日前から堤防上で衰弱した姿が見られていました

さて

これからの夢前川は鳥よりも

草むらにいる蝶やトンボなど昆虫が面白くなります

いまよく見かけるのはアオメアブ

DSC_59476時17分

すっと伸びた茎の先端近くに止っているので

すぐ見つかります

緑色の複眼の綺麗なアブです

早朝は気温が低いので動きが鈍いのか

獲物を待ち受けているのか判りませんがじっと止っています

普通に見られるムシヒキアブの仲間で

他の昆虫を捕まえて体液を吸います

今朝は他に

DSC_59726時0分
ベニシジミ

地上に出て来たばかりなのでしょう

DSC_5949a6時25分

クマゼミを道路上に見つけました

梅雨が明けたのでしょう

今朝から公園のクマゼミが鳴き始めました

朝から賑やかなシーズンになりましたネ


 

posted by tatesan at 19:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする