2016年06月27日

キビタキが姿を




『ちゃ』さんお便り有り難うございました

川は変化があって一年中いろいろな鳥達との出会いが楽しめるので

飽きないところです

私の早朝散歩コースは夢前川の河口から上流約2.5 Km まで

上流部は河原に大きな草原があり

河口部には工場と商業施設・住宅地の間に

人工的に作られた緩衝帯の緑地帯があり山の鳥達も見られます

多様な環境があるので山の鳥から水辺の鳥まで

今朝は珍しくキビタキが姿を見せてくれました



さて

夏至も過ぎて日の出時刻が少しずつ遅くなってきました

昨日に続いて今朝も5時5分に出発

良い天気です

河川敷に出ると東の空から赤い太陽が顔を見せていました

歌野橋下では

カワアイサが元気よく潜水を繰り返して獲物を追っていました

DSC_0825a5時15分

ヒドリガモもカルガモと一緒に中洲にいます

昨日は

シジュウカラ、メジロ、エナガ の混群が見られたので

今朝はどうか? と期待して緑地帯へ

キビタキは相変わらずよく鳴いていますが

当然姿は見えません

とりあえず昨日と同じボイントに

何時も通りスズメとツバメ、ヒヨドリ、キジバト、カワラヒワなどが

しばらく誘ってみましたが何も出て来ません

諦めて帰りかけると梢に4羽のシジュウカラが姿を現わしたので

追っていると混群がやってきました

今朝はエナガは見られませんが

今朝はコゲラが混じっています

他にメジロ、シジュウカラ が10数羽

DSC_0841a5時46分

DSC_0860a5時47分

クスノキの樹冠近くを

あちこちせわしなく動き回るメジロを双眼鏡で追っていると

突然キビタキが眼に入りました

DSC_0853a5時46分
キビタキ

キビタキもメジロとシジュウカラの混群に混じって深い林から

出て来たのですネ

群れの力というのは大きいですネ

群れでいると安心するのでしょう

キビタキまで引き連れて出て来てくれました

混群にいるときは全く鳴きません

2羽混じっていたように見えましたが

メジロ同様じっとしてくれないので確認は出来ませんでした

何はともあれ

渡ってきた当初姿を見せて以来

深い林の中での鳴声だけで姿を見せなかったキビタキが

初めて明るい道路沿いに姿を現しました

毎年渡ってきた当初はよく見られるのですが

この時期は初めてです

DSC_0958a5時50分
キビタキ

しばらく楽しませて貰いましたが

すぐにメジロと一緒に林の中へ

コゲラとシジュウカラが暫く残っていましたが

直ぐに居なくなりました


姿が見られなくなると

林の中から鳴声が聞え始めましたが

もう何処にいるか姿は見られません



久しぶりのキビタキの姿に気分を良くして

河川敷に戻り今朝の早朝散歩終了

河川敷に戻って葦原を見ていると

今年もアオメアブが葦の茎に止まっていたので1枚

0984aメアオアブa6時29分

複眼が光の加減で赤く見えたり緑に見えたりするので

これも構造色なのでしょう

ムシヒキアブ科のアブで

他の甲虫やトンボなどの昆虫を捕らえて体液を吸う凶暴なアブです

川の鳥達が単調になり面白味がなくなった頃

見られるようになるのでつい観察してしまいます



これからの河川敷は昆虫たちが楽しくなります
posted by tatesan at 10:48| 兵庫 ☀| Comment(1) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事ありがとうございます。
川の鳥たち、本当に可愛いですよね。
新しい楽しみが増えました。

最近になって私の行く川にカルガモが
増えてきたんです。
以前に9羽ヒナがいたのを4日だけ目撃して、
その後、4羽はそこで大きくなったのですが
残りがもしかして帰ってきたんでしょうか?

カワアイサも見てみたいのですが、まだ発見
はできずです。
お写真で楽しませていただいてます。
Posted by ちゃ at 2016年07月04日 21:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください