2016年10月20日

ノビタキ冬羽



カモ達がつぎつぎと渡来しています

数は多くないのですがずてに8種のカモが飛来しています

昨日は粗大ゴミの当番で早朝散歩に出かけられなかったので

午後の満潮時に出かけました

そのときに遠くにヨシガモを見つけました

エクリプス羽の雄です

遠くて写真にはならなかったので

今朝の探してみると

ハシビロガモと一緒に中洲付近にいました

もう少し明るくなった帰りにと思い

とりあえず記録に1枚

DSC_8548ab6時31分
ヨシガモ雄

エクリプス羽からかなり生殖羽に換羽していますが

生殖羽に比べると首も長く見え

一見するとアレッ!!  と思います

近くにハシビロガモの雄がいたのでこれも1枚

DSC_8542a6時29分
ハシビロガモ雄

こちらもかなり生殖羽に換羽していますが

まだまだエクリプス状態です


そのまま南下し汐見橋を過ぎると水面に3羽のカモがいました

逆光で判らないので

順光になるように回り込むとホシハジロ

DSC_8565a6時38分
ホシハジロ

ホシバシロもやってきました

今シーズンは全体の数は多くないのですが

種類がすでに8種を数えています

カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、オカヨシガモ

ヨシガモ、ハシビロガモ と

今朝JR線付近に来ていたマガモで8種

例年この時期は6種ほどで10日ほど早いようです



その後緑地帯に

いつものポイントで待っていると

シジュカラに続いてコゲラとメジロの群れがやってきました

電線にきたシジュウカラを見ていると

突然林の中から飛んできて同じように電線に止った鳥が

あわてて覗いてみると全身が橙色したノビタキです

DSC_8578a

DSC_8582a6時51分
ノビタキ冬羽

下から見ているのと朝日でより赤っぽくなっていると思いますが

それにしても下面全体が橙黄色

最初は『何だこれは』とちょっとびっくり

河川敷で見るときは目線の高さで見る事が多いので

このように見えることはなく驚きです

緑地帯の中でのノビタキは初めて

河川敷では11日を最後に見られなくなっています

センダイムシクイもまだ緑地帯にいるようでした




河川敷に戻って左岸を北上

明るくなったところでもう一度ヨシガモを探すと

DSC_8645a7時37分

いつもの見慣れたヨシガモの姿で懸命に羽繕いをしていました

同じようにハシビロガモ、オナガガモ、オカヨシガモを確認した後

広栄橋で帰ろうと堤防の階段を上り始めたところで

双眼鏡仲間の K さんと出合い

あまりにも久しぶりなので事情を聞くと

『暫くサボっていたら血液検査の数値が悪くなり、これは大変とまた始めた』

との事

その K さんの話では

『JR線のところにマガモがいた』そうなので

とりあえずJR線まで足を伸ばしてみました

約1km 歩いてJR線まで来ると中洲に

完全な生殖羽の雄とエクリプス羽と思われる1羽がカルカモと一緒に

羽を休めていました

DSC_8780a
マガモ雄

DSC_8773a8時12分

上の個体はマガモ雄とよくわかるのですが

下のカモが ?

頭は換羽中と思われ少し青みがかっています

嘴は雌のよう

もしくはカルガモとマガモの一代雑種であるマルガモのようにも

見えます

毎年マルガモが1羽みられるので

マルガモのエクリプスかも

もう少し観察を続けてみれは明らかになると思います


ともあれ

これで8種のカモ達が確認出来ました

冬鳥たちが面白くなってきました




帰り護岸の遊歩道に二種の蝶を見つけたので1枚

DSC_8772aヒメアカタテハH28.10.20
ヒメアカタテハ

DSC_8790aツマグロヒョウモン♀F28.10.20
ツマグロヒョウモンの雌

両種とも夢前川では普通に見られる蝶です

posted by tatesan at 13:39| 兵庫 ☀| Comment(1) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ぼちぼち冬鳥がやって来ましたね。
先日は一度だけですが山電の高架のやや南側でセイタカシギを見ました。
できればもっと姿を見せて欲しいです。
Posted by 名無し at 2016年10月31日 10:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください