2017年04月02日

アトリ再び



今朝は快晴

その分冷え込みが厳しく肌寒い朝になりました

早くから明るくなっているので5時50分出発

河川敷に出ると所々花見のブルーシートが敷かれています

しかしサクラはまだ蕾

DSCF7102a

蕾の下での花見ですネ

例年一つの枝だけ早くから満開になる木があります

DSCF7101

不思議なことに例年この枝だけ他の蕾に先駆けて花を咲かせ

満開状態です

さて今朝の河川敷も

何時もと変わりなく

カモとEmberiza3種を観察

緑地帯では冬鳥としてシロハラ、ツグミとシメのみ

広栄橋付近では数日前からタシギが見られます

今朝も足下からジェジェと鳴きながら飛び立つました

ちょっと写真になるような所に出て来て欲しいものです






今朝はこれで終わりと橋を渡り児童公園に入ると

再びアトリの群れがケヤキの大木に来ていました

DSC_9763a7時33分

先日30日に比べ天気がいいのでとても綺麗です

bc9679アトリ17.4.2a7時30分

DSC_9716a7時32分

見ているとケヤキの新芽を食べています

DSC_9767a7時34分

DSC_9734a7時32分

前回と同じ群れかどうか判りませんが

今朝は20数羽の群れでした

シベリアへ帰る途中に立ち寄って腹ごしらえをしていたのでしょうか

ここから5~6km程上流では普通に見られるのですが

河口に近い街中のこの公園では初めてです

15分ほど楽しみましたが

やがて順次飛び立って居なくなりました

今年はアトリの飛来数が多いのでしょうか

しかし今シーズンも時々上流に遊びに行きましたが見ていません

アトリを見ている最中に

突然コゲラが飛んできてクスノキに止りました

DSC_9793a7時36分

久しぶりだつたので1枚

今は緑地帯では見られません

シジュウカラ等と街の中を巡回しているようです

ところで

いよいよ

オオルリやキビタキにサンコウチョウなどの夏のヒタキが

渡ってくる時期になりました

夢前川では例年花見のシーズンの真っ最中に

これらの渡りが見られるようになります

ちょっと注意しなければならない時期になりました

楽しみです

 

posted by tatesan at 15:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください