2017年04月10日

オオルリが来た



夢前川のサクラも満開

昨日日曜日は午前中に雨もあがり

あちこちで花見を楽しむ宴が開かれていました

DSC_0536a6時30分

殆どの人々はきちんと後片付けして綺麗にして終られるのですが

例年いくつかのグループはブルーシートからコンロまで

全てのゴミを放置したままでゴミだらけにして帰られます

また片付けてはいるももの全てのゴミを置いて帰られるグループなど

困ったものです

今朝もあちこちでゴミが放置されていました



さて

昨日、一昨日と2日続けて小雨の中の早朝散歩だったのですが

今朝は雲が薄く明るい朝になりました

5時40分出発

カモ達も少なくなりました

残っているのは

ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヨシガモ、オカヨシガモ

ハシビロガモで約300羽ほど

80%がヒドリガモです

護岸の葦原には今朝もオオジュリン、アオジが見られます




汐見橋を越えて河口近くに来ると

毎朝河川敷のトベラの中からウグイスの囀りが聞えます

地上ではツロハラ、ツグミ、ムクドリ、スズメが

餌を啄んでいました

何気なく飛び立ったシロハラを追いかけていると

堤防上のニセアカシアの中に

何やらヒラヒラと枝の間を飛んでいる鳥を見つけました

ひょっとしてと覗いてみると

DSC_0359a6時11分

やはりオオルリでした

あわててカメラを用意してとりあえず1枚

喉から胸に掛けて濃紺、白い腹にブルーの頭

綺麗ですネ

DSC_0399a6時18分

正面から見るとブルーのベレー帽を被っているように見えます



まだ新芽が出ていないニセアカシアの枝の間を

フライキャッチャーの名の通りヒラリヒラリと移動していましたが

飛び去ることはなくおよそ20分楽しませてくれました

DSC_0479a6時25分

DSC_0518a6時27分

このフライキャッチャーというのは

枝にとまっていて飛んできた昆虫を空中で捕らえ

元の枝に戻って食べるという樹上生活しているので

短い足をしています

また

枝や梢に直立姿勢でとまるので

他の鳥と区別することが出来ます


何はともあれ

やはり来ていました

夢前川では例年サクラの満開の時期から暫く見られます

オオルリを十分満喫すると

次はキビタキ、サンコウチョウ

もしかしてと暫く探してみましたが見つかりませんでした

例年オオルリより少し遅れてやって来ます



花が終った梅林では

アオジが綺麗な胸を見せて止っていたので

つい1枚

DSC_0541a6時45分

ここ数日天気が悪く

2日ほど傘をさしての早朝散歩で

あまり面白くなかったのですが

今朝はオオルリを堪能し満足して終わりにしました

 

posted by tatesan at 11:41| 兵庫 ☁| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください