2017年04月24日

オオルリ渡り真っ只中



今朝も良い天気になりました

昨日は冷え込みが厳しく手が冷たかったので

今朝は久しぶりに手袋を持って出発


河川敷ではツグミが見られなくなり

カモ場のカモ達も

ヒドリガモ約65羽、コガモ約70羽で

今朝はホシハジロの姿は見られませんでした

カモ場につくと足下の河原にコチドリがいたので1枚

DSC_1092a5時39分

早朝の薄暗い時の鳥達は警戒心があまり強くないので

本当に近くで見ることが出来ます

葦原では

毎日のように採餌していたオオジュリン、アオジなどの

Emberizaは見られなくなりました

カンムリカイツブリも姿を消し

あと残っているのはセグロカモメです

夏羽に衣替えしたユリカモメたちも姿を見せなくなつていましたが

今朝はどうしたのか1羽が姿を見せていました

DSC_0797a
夏羽のユリカモメ 16日早朝

緑地帯では

今朝もキビタキが鳴いていますがやはり姿は見られません

キビタキを諦め

青い小さな実を付けだした梅林の中を

センダイムシクイは来ていないかなと探していると

久しぶりにオオルリの姿が

雌も一緒に居ましたが残念ながら写真にはならず

とりあえず証拠にと枝の中の雄を1枚だけ

DSC_1101a6時36分
オオルリがいた証拠の写真だけです

次に

サンコウチョウはと林の中を探し回るが居ません

今朝はここで時間を使ってしまったので

後は簡単にして終了



朝食後

休憩していると

今朝の散歩は何か満たされていないと思いだしたので

天気も良いので再び双眼鏡を持って緑地帯に出かけました

とりあえずキビタキをと

林の中にはいりじっと待っていると一瞬でしたが

綺麗な姿を見せてくれましたが写真は撮れず

梅林ではシジュウカラとカワラヒワ、コゲラ、シロハラなど

次に花が終った桜林へ

いましたネ

オオルリが

DSC_1181a10時37分

花の終ったサクラには多くの虫が付いているので

それを狙っているようです

DSC_1153a10時33分
オオルリ雌

DSC_1256a10時46分

DSC_1274a10時50分

DSC_1315a10時53分

DSC_1328a10時55分

雄は雌に比べると警戒心が強く

ある程度までしか近づかせてくれません

ところが雌は向こうから寄ってきて頭上の枝に止ったり

全く私に対する警戒心を見せませんでした

色彩が地味なので大丈夫と思っているのでしょうか



オオルリを追っていると

同じように桜に付いている虫を探してエナガがやってきたので1枚

DSC_1206a10時43分

見ていると

花を落とした花柄についた青虫をつぎつぎと見つけて

食べていました

この後

もう一度サンコウチョウを探して林の中に入ってみましたが

見つからず

まだ少し早いのかも知れません

オオルリはまだまだこれからも楽しめそうです

早朝に比べて綺麗に見えるのがいい

 

posted by tatesan at 13:55| 兵庫 | Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください