2017年04月25日

ホオアカ



今朝は出かける前に雨が降ったらしく濡れていました

しかし5時20分頃には空が明るくなり

雨の心配もなさそうなので

昨日より10分遅い5時30分出発

ここのところ早朝から元気なのは

ハッカチョウとイワツバメ

ハッカチョウは早くから煩く鳴き交わし

イワツバメは早くから上空を飛び交っています

今年のイワツバメは数が多く

例年歌野橋を中心に営巣していましたが

今年は広栄橋から汐見橋まで繁殖場所を拡大しています




さてツグミの姿が見られなくなつた河川敷を南下して

残り少なくなったカモ達を確認し

毎日のようにアオジ、オオジュリン、ホオジロが見られた

葦原にさしかかると

1羽のホオジロの仲間が突然飛び立ちました

飛び方がオオジュリンでもアオジでもありません

飛び込んだハナダイコンの茂みをさかしていると

いました

DSC_1335a5時54分
ホオアカでした

夏場高原では普通に繁殖しているホオジロの仲間で

夢前川では春のこの時期に時々見られます

おそらく冬場にも居ると思われるのですが

見逃しているのでしょうか

白いアイリングや頭の細い斑が特徴的です

DSC_1351a6時56分

鳥を始めた頃(考えればえらい昔になりました)先輩から

『ネクタイをだらしなく緩めたような胸の横帯』

があるのがホオアカと教えて貰ったのですが

もう1本の褐色の横帯が不明瞭ですネ

DSC_1355ab

夏羽では黒と褐色の横帯がよく判るのですが

冬羽なのでしょう


しばらくホオアカを楽しんだ後

さて今朝のオオルリ、キビタキは?  と緑地帯へ

キビタキは相変わらずよく鳴いていますが

姿は飛んだときチラッと見えるのみ

オオルリも今朝は鳴いていました

鳴いているオオルリは樹冠の上にいることが多く

繁った葉の陰になり結局姿を見ることは出来ませんでした

餌を探して枝の間を飛び回っていると見つけやすいのですが

今まで十分に見ているので諦めて

次に

河川敷に戻り

カモの数をカウントして見ると

コガモ約40、ヒドリガモ約40 ほど

昨日よりさらに50~60羽減っていました

カモ場の堰にもコガモが十数羽居るだけです

一応確認と覗いてみると

イソシギ、コチドリの傍にこんなシギが2羽居ました

DSC_1400a7時8分

キアシシギです

DSC_1405a7時9分

またシギの渡りのシーズンなのですネ

夢前川には干潟がないので

飛来するシギの種類は多くないですが

やはり楽しみです

夏鳥、旅鳥が次々にやってきています

眠いけれど毎朝休めません

 

posted by tatesan at 10:45| 兵庫 ☁| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください