2017年04月29日

アマサギ



昨夜遅くまで仕事していたため寝坊し

5時30分出発

今朝も良い天気です

カモ達も本当に少なくなり

特に変化はなさそうなのでそのまま緑地帯に

まず目に付くツグミが今朝は見当たりません

いよいよツグミもシロハラも繁殖地へ去ったようです

それでもと探してみると

シロハラを1羽だけ見つける事ができました

ツグミはシベリア方面に去ったようです

その後

夏鳥はと探してみるが今朝は何にも見られません

早々に川に戻り

干潮で干上がった河原に残っているコガモとヒドリガモを

カウントしていると

DSC_17176時27分

アマサギが1羽佇んでいるのを見つけました

例年この渡りの時だけに姿を見せてくれます

この辺りには夏鳥として渡来しますが

夢前川に姿を見せるのは渡来する時と秋に南方へ渡去するときに

休憩に立ち寄るだけでここで越夏することはありません

明日の朝はいないでしょう

アマサギはコサギやダイサギのように水辺の鳥ではなく

どちらかというと

湿地・草原のサギでバッタなどの昆虫やカエルなどを餌としています

スリランカでは湿地というより完全な草原にいました

だから川の環境にはなじまないシラサギなのです

今朝は

その他の川にいた鳥達を追ってみました

DSC_1712a6時27分

DSC_1726a6時29分

残っているヒドリガモとコガモです

今朝は合わせて約60羽でした

DSC_17346時30分

1羽だけ残ったセグロカモメ

他のセグロカモメ達はすでにいなくなりましたが

この1羽だけが残っています

よく見ると足を引きずっていてやせ細っています

そして

左の羽を痛めているようで飛ぶことが出来ないようです

DSC_1629a

DSC_1629b
28日6時44分

翼を痛めているのがよく判ります

おそらくここで越夏することになるでしょう

暫く要注意の個体です

越夏するだろうと思われる冬鳥の第1号です

越夏するカモ達はこれから判明します

今はまだ判りませんが

1~2羽のホシバシロが居残りそうです

DSC_1750a6時32分ユリカモメ夏羽、キアシシギ、コガモです

まだ2羽のユリカモメいます

DSC_17586時34分
コチドリ

DSC_1658a7時9分
28日朝のイカルチドリ

ここから約2Km上流までオオヨシキリの確認に行った時

対岸で営巣中と思われるイカルチドリがいたので

撮ってみました

コチドリとはアイリングの輝きが違います

カモ場では

2羽のキアシシギが旅の途中羽を休めています

DSC_17656時38分
夢前川には干潟がないので

河原や岩場などて採餌するシギしか飛来しません



最後に中洲のやなぎでシジュウカラがよく鳴いていたので1枚

DSC_17776時53分

今朝も飽きることなく楽しめました

 

posted by tatesan at 20:21| 兵庫 ☀| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください