2017年05月01日

早朝のキビタキにイソヒヨドリ




家を出て南に38歩東に32歩歩くと児童公園です

今朝も5時15分出発

東の空は薄雲がかかりまだ薄暗い中

児童公園まで来ると

何時もはスズメやシジュウカラ、カワラヒワが鳴いている公園で

今朝は

「ピッピー ピッコロピー」と甲高く鳴く声が聞えました

キビタキが公園のどこかで鳴いています

声を頼りに追いかけ薄暗いサクラの枝の中にやつと見つけました

DSC_1945a5時28分

あまりにも暗いので感度を上げ

絞りはほとんど解放にしてやっと撮れました

黄色い喉を膨らませて鳴いています

DSC_1956a

今シーズンやっと間近でキビタキの姿を楽しみました

DSC_1973a5時29分

よく通る大きな声で囀るために本当に大きく喉を膨らませています

毎朝緑地帯で懸命に追いかけて見られなかったキビタキの姿です

今朝は幸先がいいと張り切って河川敷に

この時間帯は満潮に近く水位が高いので

見られるカモはコガモとヒドリガモ合わせて14~15羽

特に何もなくそのまま緑地帯に

昨日朝はツグミ、シロハラ、アオジ、シメ等の冬鳥が

見られましたが今朝は全く姿が見られません

またムシクイらしき姿も頭上の高い葉陰に見ましたが

今朝はそれも見られず

川に戻りました



汐見橋上の中洲には

ユリカモメ2羽とセグロカモメ1羽がいました

DSC_1996a6時30分

写真の前にいる頭の黒いユリカモメは普通に飛び立ちましたが

もう1羽とセグロカモメは中洲にいて飛びません

DSC_2002a6時32分

もしかするとこのユリカモメも故障していて

番のもう1羽が付き添って残っているのかも知れません

もう暫く観察して見ましょう

カモ場の堰には

夏鳥として先日やってきたササゴイがいたので

1枚と思いカメラを向けると突然飛び立ちこんな写真が

DSC_2006a6時36分

DSC_2007a

DSC_2008a

DSC_2013a

その後

昨日オオヨシキリの声を聞いた葦原を過ぎ

時間にゆとりがあったのでJR線まで行きましたが

コガモが10数羽居ただけ

途中高校時の連れが愛犬と散歩に来ていて暫く立ち話

広栄橋まで戻ってくると

突然イソヒヨドリが目のまえに飛び降りてきました

地上に餌となる虫を見つけて降りてきたようです

当然カメラは間に合いませんが

その後も私の周りをうろうろしていたのでなんとか1枚

DSC_2043a7時27分

 dv2045イソヒヨドリb17.5.1
サクラに付いてた毛虫でしょう二つ咥えています

DSC_2054a

まさしくBlue Rock Thrush です

和名はイソヒヨドリですがツグミ科の鳥

岩場を好む留鳥なので岩場に似た環境の

汐見橋、広栄橋、京見橋などの大きな橋付近で生活しています

よく通る良い声で鳴いているので見つけやすく

今は観察に適した時期です



今日は

早朝のキビタキからいろいろと楽しめた朝でした

 

posted by tatesan at 13:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください