2017年05月04日

居残り組



5連休2日目です

連休中は車も散歩する人もぐっと少なくなりますが

毎朝挨拶を交わしている散歩友達は

なぜだか私と同じように歩いています


さて今朝も5時15分出発

カモ場に到着しても水面にカモ達の姿はありません

居るのは夏ガモと言われるカルガモとカワウのみ

冬鳥達はほぼ繁殖地に去って行ったようです

しかしまだ残っている冬鳥も少数います

まずは居残り組のカモメ

翼を痛めていると思われるセグロカモメは

毎朝同じ中洲にいます

DSC_2267a6時16分
セグロカモメ

もう1羽はユリカモメ

DSC_2261a6時11分

ここ数日は中洲にセグロカモメと一緒にいましたが

今朝は護岸上を歩いて移動していました

ユリカモメ達は4月17日以降見られなくなりました

おそらく番と思われる2羽のユリカモメだけが5月1日まで残って

1羽が盛んに周りを飛び回っていたました

早く帰ろうと飛べなくなった個体に付き添っていたのでしょう

結局この個体が飛べなくて

元気なもう1羽は諦めたのでしょう

先に去った仲間の群れを追いかけて去ったようです

2日の朝にはこの1羽しか見られなくなりました

残っているユリカモメには

今のところ外見上は特に目立った外傷は見られません



カモ達は昨日までコガモ6羽とヒドリガモ6羽が残っていました

DSC_2108a
5月2日6時39分 ゴカモ

DSC_2106a
5月2日6時36分 ヒドリガモ

今朝は

ヒドリガモ6羽はまだ元気に飛んでいました

コガモは1羽の雌しか確認出来ませんでした

DSC_2270a6時16分
コガモ♀

寂しいのかペァのカルガモの方に泳いで近寄りましたが

カルガモは知らぬ顔で遠ざかりました

ただコガモは

まだどこか草むらで休憩中とも考えられるので判りません


それにしても寂しくなりました




さて緑地帯です

ツグミ・シロハラは4月30日を最後に全く見られなくなりました

オオルリの姿も見られなくなりました

サンコウチョウも毎日探していますがまだ見られません

今年はダメかも

キビタキは相変わらず早朝から活発に鳴いています

鳴いていないときは誘ってやるとすくに鳴き出します

ここ数日はセンダイムシクイの姿が見られます

ムシクイは鳴いてくれると判るのですが

姿だけではなかなか難しい

例年私の目線の高さで見られるので判りやすいのですが

今年は高い樹冠の下で餌を探していることが多く

下から見上げてシルエットしか見られなかったので

判断できませんでした

DSC_2147a5時56分

DSC_2166a

DSC_2206a

昨日やっと少し低い所で見られたのでセンダイムシクイと確認しました

ピンボケながらもなんとか写真にしてみると

センダイムシクイの特徴が見られます


4月30日朝 緑地帯

ツグミ・シロハラ・シメ・アオジなどの冬鳥の見納めになった朝です

雨で出来た水たまりでシメが気持ちよさそうに水浴びをしていました

DSC_1885a
4月30日6時46分 シメの水浴び

冬鳥も終わり

夏鳥の渡りもそろそろ終わり

夢前川はこれから暫く面白くない時期に入ります

 

posted by tatesan at 10:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください