2017年05月10日

シラサギの仲間



先日

平家打倒の陰謀がばれて俊寛が流された喜界島に移住していかれた

I さんから電話1(プッシュホン)がありました

喜界島では夏鳥の渡りの時期いろいろな鳥が通過していくそうです

アカショウビンやサンコウチョウなど普通に出会えるとか

一度行ってみたいと思いますネ

さて

夢前川では河川敷にあるサクランボが赤く稔り始めました

今朝散歩仲間が食べ頃やでと採ったサクランボを見せてくれました

まだ十分には熟していないと思いましたが

結構甘く

早速行って食べられそうなものを摘んできました



鳥達です

緑地帯では毎朝キビタキが鳴いていますが

他にはいつもの鳥ばかりで

通過していく夏鳥の姿は見られなくなりました


カモ場では居残りガモだけになりました

カモに付いては次回にして

いま夢前川はいろいろなサギ類が見られます

昨日朝は

再び野原のサギであるアマサギが1羽来ていました

DSC_2670ab6時13分

とりあえず1枚と撮ったのですが

後で写真を見ていると左隣にこんなシラサギが写っていました

DSC_2672a

近頃あまりサギ達に注意を払っていなかったので

コサギと思っていたのですがチュウサギでした

見逃していました

近頃シラサギを軽視していたのですネ

いけないことでした

そこで今朝同じ所で探してみると

コサギと一緒に2羽のチュウサギがいましたネ

DSC_2841a6時20分
チュウサギ

DSC_2864a6時21分
上手にゴカイを捕まえていました

DSC_2876a

ずいぶん久しぶりなのですが

もしかすると私の気持ちが全くサギに向いていなかったので

気がついていなかっただけかも知れません

ダイサギとコサギは一年中夢前川で見られますが

チュウサギは夏鳥として渡ってきます

夢前川ではあまり見られません

ダイサギに比べると嘴の大きさや目許が異なります

先日は

目先が綺麗な緑色をしたダイサギがいたので

1枚撮っていたのに気が付きませんでした

DSC_2556a
7日6時10分 ダイサギ

ダイサギの夏羽は目先の緑が鮮やかになります

DSC_2556b

実際はもっと鮮やかな緑でしたが

早朝でいい色が出ていません

また腿が薄いピンク色になります

コサギ、チュウサキに比べるとずっと大きくよく判ります

コサギは

DSC_2815a6時17分

チュウサギより鋭く真っ黒な嘴をしています

飾り羽も先がカールしています

DSC_2815b

また顔を比較しても違いがよくわかります



シラサギの仲間には他にアオサギがいます

今のアオサギは繁殖期特有の色をしています

平常時に比べると

嘴と脚が真っ赤な婚姻色になっています

DSC_2581a
9日5時30分のアオサギ

DSC_28786時20分
今朝の別のアオサギ

嘴と脚の色が違うのがわかります

上のアオサギは繁殖期に入り綺麗な婚姻色が出ていますが

今朝のアオサギには婚姻色は出ていません



この他に

サギの仲間としては一年中見られるゴイサギと

今ちょうど夏鳥としてきているササゴイが見られます

夢前川も

ここから20kmほど上流に行くと夏鳥としてミゾゴイが来ています

大きくて目立つのに気持ちが向かないサギ類ですが

見ていると結構面白い鳥です

 

posted by tatesan at 10:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください