2017年05月27日

イカルチドリ親子とケリ



夢前川での夏鳥・渡り鳥たちはほぼ通過してしまいました

緑地帯ではコムクドリに始まってオオルリ、キビタキ、コサメビタキ、

センダイムシクイ、メボソムシクイと続き最後にサンコウチョウが

通過しました

ただキビタキはこの緑地帯で夏を過ごし繁殖するので

毎朝いい鳴き声が楽しめます

河原では

コチドリ、オオヨシキリ、ササゴイ等が夏鳥として飛来し

アマサギ、チュウサギが繁殖地へいく途中姿を見せました

旅鳥のシギは

キアシシギとチュウシャクシギしか姿を見せませんでした

DSC_3459a
チュウシャクシギ

DSC_3578a
5月14日 カニを捕らえたチュウシュクシギ

DSC_2894ab
5月11日 キアシシギ

夢前川で繁殖していて一年中見られるシギチドリは

イカルチドリとイソシギ

DSC_3813a
5月16日 イソシギ

今ちょうどイカルチドリの親子が見られます

23日に今シーズン初めてケリが姿を見せました

DSC_4226a

DSC_4253a
ケリ

このように思い切り翼を広げて見せてくれました

白と黒のコントラストの綺麗な大型チドリです

暫く見ていると

このケリがイカルチドリに威嚇されて激しく争うシーンが

DSC_4295a
6時34分威嚇しあうイカルチドリとケリ

見られました

DSC_4308a
6時34分対峙するイカルチドリとケリ

近くにイカルチドリのヒナがいるか営巣してるのではと

思いましたがこの時は判りませんでした



そして今朝

雨などで4日ぶりの早朝散歩になりました

先日のケリとイカルチドリが対峙していた所には

ケリはいませんでしたが

イカルチドリはいました

暫く観察しているとこんな姿が

DSC_4360a
6時21分 イカルチドリ親子

判るでしょうか右側にヒナの姿が見られます

見ているとヒナはさらに親鳥に近づき腹の下に潜り混みました

DSC_4496a
6時28分 親の腹に潜り混もうとするヒナ

今朝は少し冷え込んでいたので躰を温めに行ったのでしょう

DSC_4379a
6時23分

見ているとヒナは2羽いるようでした

川の中洲にいるので遠く

ヒナは保護色て小さいので動いていないと判りません

23日朝のケリとの戦いの原因はこのヒナたちだったのですネ

今朝は30分ほどこのイカルチドリ親子を楽しんで

終わり

帰り広栄橋の下でコチドリが水浴びをしていたので1枚

DSC_4555a6時50分
コチドリ

冬鳥が去って寂しくなった夢前川ですが

今は

セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シジュウカラ、ムクドリなどの

幼鳥が賑やかにしています

もう少しするとカルガモの親子連れやキジの親子が楽しめます

 

posted by tatesan at 11:38| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください