2017年05月30日

メボソムシクイがまだ



日の出がずいぶん早くなり4時40分台になりました

今朝も4時50分に出発

それでも河川敷に出ると散歩やジョッギングをしておられる方がいます


歌野橋を過ぎたところで中洲を確認し次へと歩き始めた時

堤防を歩くネコを見つけました

なんだか様子がおかしいので双眼鏡で確認すると

鳥の様な物を咥えています

DSC_4713a5時12分

カメラの露出調節をしていなかったので上手く撮れませんでしたが

DSC_4715a

スズメを捕らえているようです

今は沢山のスズメの幼鳥が河川敷で採餌していて

私が歩いていても足下に来るまで飛び去りません

そんな幼鳥が狙われたのでしょう

もう一匹のネコが横取りしようと付けていました

堤防上に上がって見えなくなった後激しく争う声がしたので

取り合いになったのでしょうか

さてどうなったのか?



後は

何もいなくなったカモ場を通り過ぎ

何時ものように緑地帯に

緑地帯も夏鳥達が通過してしまいキビタキの声かするのみで

沢山のツバメとイワツバメが林の中や上空を飛び交っています

今朝もキビタキの鳴声を近くに聞きなから歩いていると

違う鳴声がしました

『チチョリ チチョリ チチョリ』と聞えます

メボソムシクイの鳴声のようですが姿が見えず

暫く声のした林の中を探しているとウバメガシの中に姿を見つけました

DSC_4741a5時35分

DSC_4766a5時36分
メボソムシクイに間違いなさそうです

2羽見られました

この時期ですから番でしょうか

まだ中部山岳地帯に行っていなくて

このあたりでうろうろしているのですネ

例年はセンダイムシクイがよく見られるのですが

今年はメボソムシクイがよく観察されました

メボソを見失いいつものコースを歩いていると

薄暗い林の中の道路上で虫を啄んでいる鳥を見つけました

ちらっと見た時はヒヨドリと思っていたのですが

雰囲気が違うので近づき覗いてみると

イソヒヨドリの雌がアオムシを沢山咥えていました

DSC_4808a6時3分

イソヒヨドリの雌は薄暗い所で見ると特徴がなく

ただ黒くシルエットのように見えるので判りにくい

DSC_4834a6時4分

少し明るいところで見るとこのようにウロコ模様が見えてはっきりします

雌も背中と腰回りはわずかに雄のように青色がかっています

この森の中でイソヒヨドリを見るのは初めてですが

どこかで営巣していてヒナに餌を運んでいるのかも知れません

アオムシを何匹も束ねて咥えて飛び去りました


イソヒヨドリの雌を見ていると

突然前方からキビタキが飛んできて目の前に止りました

思わず見とれてカメラは間に合いませんでした

キビタキは

声を頼りに追いかけているときは全く姿を見せないのに

無視して他の鳥を追いかけていると

不思議に向こうから目の前に出てくるときがあります

面白いですネ




久しぶりに緑地帯を楽しんで河川敷に戻ると

早朝には見られなかった

アマサギが1羽佇んでいました

DSC_4896a6時48分

今年はアマサギもよく姿を現わします

例年渡りの時期に一度姿を見て終りなのですが

今年はこれで何度目になるのでしょう

その代わりと言えばおかしいのですが

今年はササゴイの数が極端に少なく

気を付けていないと見過ごしてしまいます

今年の夢前川は何か違います

posted by tatesan at 11:04| 兵庫 | Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください