2017年06月12日

幼鳥たち



今の夢前川はいろいろな鳥達の幼鳥で賑わっています

セグロセキレイやイカルチドリについては紹介しましたが

イカルチドリの幼鳥も大きくなりました

DSC_5099aイカルチドリ幼鳥
6月5日6時31分イカルチドリ幼鳥

今朝は干上がった河原で成長したコチドリの幼鳥が見られました

DSC_5533aコチドリ幼鳥6時1分
コチドリ幼鳥

幼鳥を連れている親鳥は常にあたりを警戒しながら採餌しています

何かあるとピッピッピッと激しく鳴いて飛び立ち

その間幼鳥は石の間に蹲りじっと危険が去るのを待っています



緑地帯ではツバメの幼鳥が電線に屯して

親鳥から給餌されていました

DSC_5260a5時27分親が虫を運んできたのでそわそわし出しました

DSC_5266a
大きな口を開けて餌をねだっています

DSC_5268a


DSC_5270a
親は嘴には虫を咥えていません

DSC_5271a
顔半分位を幼鳥の中に入れています

虫をはき出しているのでしょう

DSC_5276a
嘴を少しずつ幼鳥の口から抜いてきました


DSC_5280a
嘴を抜くと幼鳥が嘴に虫を咥えていました

DSC_5281a
拡大して見ると虫を咥えているのがわかります

餌を運んできて10秒ほどの出来事でした

巣立ちしてもしばらくは親から給餌して貰います

河川敷ではヌートリアの子供が

親は警戒心が強くこちらの姿を確認すると川に逃げていきますが

子供はまだヒトの怖さを知らないのでしょう

私たちが近づき声を出しても逃げずに草を食んでいます

DSC_5175a5時59分
ヌートリア子供

何を食んでいるのか見ているとシロツメグサを食べていました



8日の木曜日仕事の帰りに的形の塩田跡に寄ってきました

今年もそろそろカイツブリの営巣の時期なのです

期待していたとおり池の真ん中あたりに浮巣を作っていました

DSC_5181a11時15分

見ていると巣に籠もり抱卵することもなく

巣を離れるときに卵を隠したりする行動が見られなかったので

まだ産卵はしていない様子

さらに近くを探してみると

DSC_5253a11時21分

カルガモが10羽の幼鳥を連れて泳いでいました

幼鳥はかなり大きく成長しています

夢前川ではまだカルガモの親子連れは見られません

またこのように沢山の幼鳥が大きく育つことはありません

ヒナは小さいうちにカラスなど外敵に襲われて

ここまで大きく成長するのは2羽ほどです

ここはよほど安全な環境なのでしょう

さらに見ていると遠くにマガモの番が

DSC_5209a
マガモ

夢前川ではホシハジロ雄1羽が居残りしていますが

的形ではマガモが居残りしていました

理由はわかりませんが仲間がやってくる時まで無事に居て欲しいものです

posted by tatesan at 19:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください