2018年03月24日

コチドリ飛来

桜の開花が宣言があちこちから聞かれるようになりました

今年は例年より一週間ほど早いそうです

しかしまだ夢前川は蕾み膨らむというところ

DSCN1526a
23日7時53分

近くの公園のつぼみがこの程度

早朝の河川敷はまだまだ冷え込みが強く蕾みは堅いです



今朝も5時45分出発

水面にカモ達の姿があまり見られません

少しずつ数が減ってきました

昨日までは10種見られましたが今朝は8種

マガモとオナガガモが見つかりませんでした

満潮近く水位が高いのでどこか水辺で休んでいるのでしょう




汐見橋を過ぎて河口近くまで来ると

まだ薄暗い水面でカンムリカイツブリが変な動きをしていました

覗いてみると魚を捕らえたものの大きくて飲み込むのに

あずっている様子

DSC_1006a6時3分

DSC_0996a

捕らえたのはキビレのようです

暫く見ていましたが

何とか飲み込んだようでした





緑地帯では

いつものようにシロハラ、アオジとイカルが見られました

昨日朝はまた桜林でキツネに出会いました

DSC_7771a6時21分

何かしていたようで私の姿を見ると慌てて出てきました

何をしていたのかなと探してみると

穴を掘っていた跡が

DSCN1522a6時33分

あちこちに足跡が残っています

緑地帯にはこのような穴が数カ所見られます

最初は巣穴かなとも思ったのですが

巣穴なら雨水が浸入するような所には掘らないでしょう

食べ物を探して掘った穴のようです



川に戻り

堤防から少し顔を出した堰にイソシギとチドリの姿を見つけました

DSC_1029a6時57分

イソシギとイカルチドリかなと見みていましたが

イカルチドリにしては小さく何となく雰囲気が違うので

近づき覗いて見ると

DSC_1043a

コチドリでした

DSC_1046a

黄色いアイリングがよく目立つています

綺麗ですネ

嘴もイカルチドリに比べて短いのがよく判ります

ツバメに続いてコチドリがやってきました

これからここではイカルチドリとコチドリが見られます



いまはキンクロハジロが近くまで来て観察しやすく

昨日朝

近くにいたの見ると頭が緑がかって見えたので一枚

DSC_7850ab7時16分

遠くから見ると黒にしか見えませんが

近くで見ると光の当たり具合でこのように緑色に見えます



また

葦原では毎朝のようにオオジュリンとホオジロが見られます

DSC_7874a7時38分
ホオジロ

ホオジロは葦の果穂を

オオジュリンは茎に付いた虫を食べるので

一緒に行動して食い分けをしています



歌野端の下まで来ると

イワツバメが巣材を集めていたので一枚

DSC_7898a7時44分

マンション屋上の電波塔ではハシボソガラスが営巣中です

DSC_7892a7時41分
ハシボソガラスの巣

春ですね

カモ達を楽しめるのももう少しです

posted by tatesan at 12:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

キツネ久しぶり

暖かい日が続いていましたが今朝は冷えました

手袋をしていても久しぶりに冷たくなりました

春分の日が近づき日の出時刻も6時近くになりました

今朝は6時出発



昼と夜の長さがほぼ同じに近づき暖かくなってきて

カモ達も北へ帰り始めたようです

何となく数が減ってきたように感じます

しかしまだ10種のカモ達が見られます

今年はアイサガモが見られずにカモシーズンが終わりそうです

カンムリカイツブリは

ほぼ夏羽に換羽した個体とまだ冬羽の個体が見られます

DSC_7366a6時23分
夏羽個体

DSC_7561a7時22分
冬羽個体

琵琶湖などでは少数が繁殖しているそうですが

ここでは冬鳥で6月には繁殖地へ去り見られなくなります



緑地帯では

いまイカルの100羽近い群れが見られます

冬場は小さな群れに分散していましたが

そろそろ山へ帰る時期が来たのでしょう大きな群れで

毎朝賑やかにしています

DSC_7281a
12日6時30分

DSC_7428a6時53分

今年は本当にイカルを楽しませてもらいました

また

今朝は久しぶりにシメが目の前の梢でじっとしていてくれたので一枚

DSC_7497a7時4分

イカルとシメを楽しんだ後林の中の道を歩いていると

前方から二頭のキツネがやって来ました

DSC_7468a6時59分

ここのところいつも一頭で行動していたので

親離れ子離れしたのかなと思っていましたが

この時期に二頭が連れ立っているので繁殖期に入った雄雌のようです

私に気づかないで暫く林の中でくつろいでいましたが

私の姿を見ると慌てて立ち去りました

ゆっくり追いかけてみると

DSC_7498a7時6分

私が来るのを待っていたのか

一頭が私の気配を伺いながら座ってこちらを見ていました

可愛いですね雌のようです

これ以上は深追いせず早朝の桜林に戻ると

アオジとシロハラがいたのでこれも一枚

DSC_7524a7時14分
シロハラ

シロハラは前からの姿よりこの様に向こう向きに止まって

こちらを警戒している顔が好きです

DSC_7541a7時15分
アオジ

厳冬期に比べると色も春らしく綺麗になっています

アオジが楽しめるのももう暫くです

この後川に戻って今朝は終わりにしました



夢前川にはイワツバメに続いてツバメがやって来ました

3月11日に確認しました

イワツバメは上空に群れているので撮りやすいのですが

ツバメは飛んできたかと思うとさっと飛び去ってしまうので

この時期なかなか撮ることができません




先日

コンクリートの電柱と思われる柱の上でカワウが

羽を乾かしていたので一枚

DSC_7353a
3月14日

岩の上とか堰で広げている姿は見られますが

わざわざ高い柱の上で広げていたので撮って見ました

翼の形がよく判ります

posted by tatesan at 12:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

ハシボソガラスの交尾

曇天で薄暗い中6時10分出発

河川敷に出ると

出発時刻が異なっていたため出会わなかった散歩友達と

久しぶりに出会いました

日の出が早くなり活動開始の時間帯が近づいてきたのです

挨拶を交わした後私は河川敷を南下

散歩友達は北上しお互い一周してきたところで再び出会います


夢前川は

昨日の雨で水量は増水していました

薄暗い中でのカモ達は

採餌に夢中で少し近づいても素知らぬ顔をしています

カモ達に特に変化なく

前方を見ると

2羽ミサゴが盛んにホバリングしていました

じっと下を見つめてダイビングのチャンスを伺っていましたが

DSC_6942a6時30分

獲物が水面に浮いて来なかったのでしょう

私が見ている間にはダイビングはありませんでした



その後

緑地帯に入るも何もなく

満開に近づいてきた梅林を楽しんで河川敷に戻りました

DSCN1507a6時53分梅を一枚撮ってみました





歌野橋まで戻ってくると

今朝もたくさんのイワツバメがが飛び交っていましたが

ふと中州を見ると地上に2羽のハシボソガラスがいます

おかしいなと見ていると突然1羽がもう1羽の上に乗りました

DSC_7022a7時30分

交尾を始めたのです

DSC_7026a

DSC_7031a

終わりました

DSC_7034a

終わった後こちらを見て

『なに見とんのや!!』と私にガンをを飛ばして

DSC_7041a

2羽でお互いを確認しあった後

DSC_7044a7時30分

知らぬ顔して別々の方向に飛び去りました

ほんの1分間の出来事でした

夢前川の鳥たちも繁殖期を迎えました

そういえば

一昨日朝

広栄橋で巣材を運ぶハシボソガラスを見かけ一枚撮っていました

DSC_0878a
4日7時30分巣材を運ぶハシボソガラス

その後地上で餌を啄んでいるカワラヒワを見て

DSC_7077a7時35分

広栄橋袂まで来ると

DSC_7109a7時39分

中州の水辺を餌を探しながら移動するイタチを見つけました

久しぶりなので暫く楽しんで

散歩を終わりにしました


今朝も楽しい朝になりました


posted by tatesan at 14:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする