2017年10月08日

イタチ

今朝は暖かく7時頃になると暑くなり

前日と同じ服装で出かけて失敗しました

出発は同じ5時50分

カモ場→緑地帯→カモ場 と面白いこともなく

広栄橋まで戻りました

そこから先の河川敷は草が伸び放題で護岸を歩くこともできず

ここしばらく足を伸ばしていなかったのですが

昨日草刈りが行われ

ようやく歩くことができるようになったので

久しぶりにJR線まで行ってみました



除草された後は多くの昆虫類をはじめとする小動物がいるので

ハッカチョウやムクドリが群れて餌を探しています

  
いつもは

水中や水辺で魚を狙っているアオサギまでが餌を探していました

DSC_8676a6時58分

除草された跡は昆虫類がたくさん居て見つけやすいのです

餌を捕まえたと思われる嘴の先を見ると

DSC_8690ab

キリギリスかクツワムシのようなバツタを捕まえていました

魚より

バッタの方が捕らえやすい時には

ちゃっかりと虫なども食べています



さらに歩いてJR線の下まで来ると

いつもの所で多くのケリが羽を休めていました

数えてみると17羽

DSC_8691a7時8分
ケリの群れ

DSC_8709a 

いつも鳥や虫に興味を持っておられるご夫婦が通りかかり

ケリを見ながら歓談していると 

ご主人が「あそこに何か動いていますが何ですか?」

と中州を指さしました 

覗いてみるとイタチ

DSC_8702a7時11分

中州では時々見かけます

久しぶりに写真に撮れました

DSC_8698ab

不安そうな顔してきょろきょろしています

餌を探して移動している途中倒木の上に姿を現しました

すぐ下にはカルガモが居るのですが

岸辺から少し離れているため安心しているのか

逃げる様子を見せません

そのうち地上に降りて草むらの中に見えなくなりました



イタチを楽しんだ後

大きなセンダンの木のところに来ると

枝の中をあちこち移動している鳥を見つけました

Flycatcher のよう

DSC_8731a7時31分

エゾビタキです

今シーズンは3度目

コサメビタキはよく見られますが

今秋は旅鳥のエゾビタキもよく目につきます

DSC_8752a

緑地帯でも見られるのですが

渡りの途中は

このように堤防沿いの木でよく見られ

見通しがいいので観察しやすい所です



久しぶりの広栄橋~JR線でしたが

十分に楽しめました

posted by tatesan at 20:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ノビタキやっと

昨日は朝から雨

途中止みそうになるときもありましたが

結局夕方までシトシトと降り続きました

そのため保育園の運動会は順延

そして今朝

早朝の東の空は雲が厚く薄暗かったが5時50分出発

しばらくすると

次第に雲が薄くなり赤く染まった日の出となりました




河原では今朝もゴイサギが水の中で獲物を狙っていました

ゴイサギとホシゴイが並んでいたので一枚

DSC_8596a6時2分

親子かどうかは判りませんが成長と幼鳥です




毎年ノビタキが見られるところで

そろそろだがと探してみるが見つかりません

カモ達も変わりなし

先日渡来したセグロカモメがユッタリと飛んでいました

緑地帯でも何もなく川に戻り

今日は延期になった運動会があるので早く帰ろうと

明るくなった左岸をヒドリガモやコガモを確認しながら北上

DSC_8600a6時46分
ヒドリガモ

山電鉄橋の下を過ぎたところまで来たとき

中州の葦の中で飛び立った鳥の姿を見つけました

あっ!!

ノビタキ と

止まったところを探してみると

DSC_8618 (3)6時54分

この姿が

ノビタキでした

やっと来ましたネ

夏が終わって南に帰る途中です

DSC_8622a

DSC_8629ab6時56分

しばらくかわいい姿を楽しませてもらいました

他にはと探してみましたが

今朝はこの1羽だけ

その間にこの個体も姿が見られなくなりました

おそらく

これから毎日のように楽しめる事と思うので

今朝はこの1羽で満足して散歩終了





話は変わりますか

ここ夢前川ではヒヨドリは留鳥としてみられるのですが

今朝は

上空に渡っていくと思われるおよそ60羽のヒヨドリが

DSC_8652a7時2分

西の方角に飛んでいく姿が見られました

毎年この時期になるとヒヨドリの渡りも見られます


posted by tatesan at 17:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

初めてのカモ

今朝は外がなかなか明るくなりません

出てみると小雨模様

でもこれなら大丈夫だろうと思い

傘をポケットに入れて5時50分出発

途中見るべきものもなく

そろそろノビタキがと探してみるが見つからず


カモ場に

いつものようにカワセミが護岸に止まっていました

ある距離まで近づくとピーと水面をなでるように飛び去ります

毎朝見ていると

ここまでは近づくと飛び立つという距離が測れるようになりました


さて

そろそろヒドリガモが来てもいい頃と思い

暗い対岸近くを覗いてみるとカルガモと一緒に

こんなカモが

DSC_8501a6時9分

遠く暗いのでわかりにくいのですが

眉の白が目立ちます

またシマアジかなとも思いましたが全体の配色が違います

DSC_8505a6時9分

じつくり見るとオシドリの雄のようです

ここでは初めてなので一瞬戸惑いましたが

間違いありません

上流の山間部にある池では見られるのですが

この河口近くでは私には初めての記録です

越冬地への途中休憩してに立ち寄ったのでしょう

DSC_8515a6時10分
カルガモとオシドリ

おしどり夫婦と呼ばれるように

雄雌がいつも仲良く連れ添っているように思われますが

今朝は雄1羽だけしか見られませんでした

近くにはコガモと一緒にヒドリガモが10羽ほど見られました

ヒドリガモも来ていました

もう少し明るくなればきれいに見えるだろうと思い

緑地帯を回って帰ってくるまで居いくれることを願って緑地帯に

緑地帯では久しぶりに

DSC_8558a6時29分

コサメビタキを見て

急いで川に戻りましたが

オシドリの姿はもう見られませんでした

その代わり早朝には見られなかった

DSC_8580a6時43分

マガモのペアがゆったりと泳いでいるのを見つけました

エクリプスで判りにくいですが

右が雄左が雌です

DSC_8578a6時42分
ヒドリガモ


9月21日にコガモが渡来してから

今日10月6日に

ヒドリガモ・マガモそしてオシドリがやって来ました

オシドリはもう見られないですが

ヒドガモやマガモはまだこれから次々とやって来ます



明日は雨のようで早朝散歩はできないと思いますが

毎朝が楽しみです

posted by tatesan at 02:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする