2017年10月05日

セグロカモメ

今朝は曇りがち

まだ薄暗い5時45分出発

歌野橋下の中州ではダイサギ・コサギ・カワウに混じって

ここのところ毎日のようにゴイサギが獲物を狙って佇んでいます



カモ場では先日やって来たコガモとカルガモが見られるだけ

ここでも毎朝暗いうちから護岸でカワセミが獲物を狙っいます

薄暗いので見て楽しむだけです



さらに南下して汐見橋付近まで来ると

河口の方から1羽の大きな鳥が飛んできました

カワウでもミサゴでもトビでもありません

DSC_8425 (2)6時8分

セグロカモメです

昨年も10月4日でしたから例年通りというとこです

ちなみに一昨年は9月25日とずいぶん早かったのです

春は4月20日頃に渡去しました

故障していた1羽だけその後も居残っていましたが

飛べないので満足に餌をとれなかったのでしょう

5月27日に死んでいるのを確認していました

DSC_8451a6時39分

緑地帯からの帰りに探してみると

ちゃんといつも通り汐見橋の街灯の上で休憩していました

ここはセグロカモメの指定席です



カンムリカイツブリも姿を見せたことだし

そろそろ冬場のコースに変えてみようと

右岸をクリークまで南下しそこから緑地帯にと思いクリークに入ると

DSC_8433a6時12分

ゴイサギが3羽金網柵に止まっていたので一枚

緑地帯では何もなく川に戻り

セロカモメをもう一度じっくり見て

歌野橋まで来ると

上空にたくさんのイワツバメが舞っていました

ここで子育てした後避暑て゜各地に散っていましたが

南に渡去するために戻ってきました

DSC_8328 (2)10月1日
イワツバメ

例年10数羽が越冬していますが

今年はどうでしょうか?


広栄橋まで来ると

久しぶりにイソヒヨドリが近くに姿を見せたので一枚

DSC_8455a7時6分

DSC_8497a

サクラの木に餌を獲りにきていたのですネ



コガモ、カンムリカイツブリに続いてセグロカモメでした

これから次々と冬鳥が見られるようになります

楽しみです

posted by tatesan at 00:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

コムクドリとカンムリカイツブリ

今朝も少し肌寒い中5時40分出発

まだ薄暗い中観察しながら護岸を南下

特に変わったこともなし

薄暗い中州で多くのゴイサギが獲物を狙っていました

DSC_8249a5時50分
獲物を狙うゴイサギたち



浜国道を渡って緑地帯に入ろうとして

ふと国道沿いの電線を見ると

いつもと雰囲気の異なる鳥が止まっていました

ここは緑地帯のそばで

ヒタキ類、カラ類、カワラヒワやスズメなど

毎朝何かが止まっています

今朝もアレ?  と思い覗いてみたのですが

薄暗く空抜けでよく判りません

ムクドリらしいと思ったのですが

とりあえず居なくなる前に一枚撮っておいて

後で確認したのがこの写真

DSC_82596時13分

コムクドリでしたネ

コムクドリは群れで移動していることが多いと思い込んでいたので

見逃していました

鳥仲間は数羽の群れを見たとのことでしたが

私は今秋初めてでした



この後

緑地帯では特に何もなく

川に戻り汐見橋を渡っていると

下流にカンムリカイツブリの姿を発見

DSC_82716時34分

コガモに続いて今年も姿を見せてくれました

まだほぼ夏羽ですネ


夏鳥のコムクドリと冬鳥のカンムリカイツブリが同時に見られました

夏鳥を追い出すように冬鳥達がやってきています



カモはまだコガモ以外は見られません

早くカモ場を賑わしてほしいです

posted by tatesan at 08:02| 兵庫 | Comment(0) | 水辺の鳥 | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

チョウゲンボウ

今朝は冷え込みました

前線が南下した後に大陸から寒気が入ったそうです

いつものように4時30分起床

血圧測定後朝のお勤めを済まして

しばらくお茶を飲んで休息していると

東の空が白み始め明るくなってきました

快晴

冷えていたので一枚多く着て5時40分出発




先日の大水で河川敷に堆積していた大量のゴミが片付けられ

護岸の遊歩道も通常どおり歩けるようになっていました




昨日渡来したコガモを対岸に確認

DSC_82055時45分

薄暗く遠いので鮮明ではありませんがわかります

またそばには

DSC_82065時55分

2羽のゴイサギが佇んでいました

そろそろねぐらにかえって休息する時間です


他にはカワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギなど

上空にはミサゴとトビが旋回しています

川を横断するヌートリアも毎日のように見られます

例年すでに姿を見せているセグロカモメやヒドリガモがまだ来ていません

ノビタキもまだ

例年とちょっと違います

一通り観察したあと緑地帯に



緑地帯でも

この時期はサメビタキ属三種が見られるのですが

今年はまだサメビタキの姿が見られません

同様にムシクイ類も少なく

何か変と思いながら歩いていると

コゲラが上空を横切った後に

突然上空にチョウゲンボウが姿を現し

旋回して東の工場地帯の方に飛び去りました

DSC_8209a6時9分

DSC_8235a

残念ながらシャッターチャンスを逃してしまい

明瞭には撮れませんでした




緑地帯の中を歩いていると

タカやハヤブサの仲間は突然林の上に姿を現し

そのまま一直線に飛び去っていきます

一瞬のうちに

森の向こう遠くにいってしまうので

難しいです


緑地帯では一年ぶりのチョウゲンボウでした

posted by tatesan at 17:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | 野原の鳥 | 更新情報をチェックする